自己PRを作成するには何をもとに行うといいのか

自己PRを作成、あるいは行う場合にはどのようなことをしていけばいいと思いますか?まずは自分には何が出来るのかを考えてみましょう。

どんなことでも構いません。まずは自分に出来ることを探してみましょう。出来ることを探したら、書き出してみてください。書き方も自由に書いてもらっていいです。箇条書きや文章にしてまとめても構いません。

そうしたらグループ分けを行ってみましょう。似たようなジャンルで分けてみてください。例えば、○○に特化した資格をたくさん持っている。と○○は専門的に勉強をしてきた。これらのことは同じ内容のものになります。

このようにジャンルで分けてみてみると数多く出てくるジャンルがあると思います。そのジャンルがあなたにとって一番の強みになるということになります。

では、そのジャンルについて深堀をしていきたいと思います。あなたにとってそのジャンルはどのような存在でしょうか。

例えばですが、他の人と比べても負けないくらい自身があるや他の人に教えられるくらいのレベルくらいに極めて来たなどのあなたにとってどのような存在なのかを考えてみましょう。

あなたにとってどのような存在なのかを文章に起こしたものが自己PRと言っても過言ではありません。自分にはこんなことが出来るからこの会社に入りたいという気持ちを文章にしてみましょう。このような話をするとなかなか思いつかない人も中にはいらっしゃると思います。

そのような時はその会社に入ったらこんなことがしたいという気持ちを記載してみてはいかがでしょうか。自己PRを作るときには明るいイメージをもって書くことが重要です。

ネガティブな書き方や、あまりにも内容がない場合には人を感動させることは難しいと思います。熱意をもって記入や話をすることによって人は心を動かされ、印象に残りやすくなります。

自分はこんな思いがあってこの会社で働きたいという明確な目標があると面接官も心を動かされやすくなります。逆に作ったような自己PRでは見透かされてしまいがちです。人の心を動かすにはまずは自分が熱意をもって文章を作成する必要があります。

面接官も何人も人を見ているのでありきたりな自己PRは飽き飽きしています。就職に関する書物を100冊読んで記入を行うより、自分の気持ちを素直にぶつけるように記入をすることが大事だと思います。

是非、自己PRを記入する際には自分には何が出来るのかを考えたうえで、その会社に入った時にどのような存在になれるのか、どうなりたいのかをきちんと記入をして自己PRを作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です