童貞くんとの初エッチ体験は嬉しかったです

私の好きになった人は童貞でした。

私の処女は散々なもので、そこまで好きにはなりきれていなかった男声に押しきられる形で失ってしまいました。

その男性とそういう関係になったことで私は彼女になれるんだと思いましたが、その男性は単に処女とやりたかっただけのようで、処女をなくした数日後、またまた押しきられる形で二度目のセックスをしたあと音信不通になってしまいました。

だから、私の中で次に付き合う人は絶対に大好きになれた人、その人とのセックスをスタートだと思おうと心に決めていました。

だから、好きになった人が童貞だと知ってすっごく嬉しかったんです。

彼の方がどう思ったのははっきりとは聞いていませんが、私が男慣れしていないのは会話や態度からわかってくれていたみたいで、初めて結ばれた夜のガチガチに緊張した経験は今でも記憶に鮮明に残るほどになっています。

慣れた男性にすべて任せてやったセックスのことはすべて忘れて、二人でぎこちなくキスから始めました。

ベッドに座ってキスしながらお互いの体をさわりあって、彼が震える手でブラのホックをはずすのに手間取っていて、私もジーンズのファスナーを下ろすだけでかなり時間をかけました。

恥ずかしいからあちこち隠したくて、でもキスしながら押し倒されると、自然と彼の首に腕を回して密着したくなってしまいました。

慣れてるって思われたくなくて、でもいとおしさが溢れ出してきて、ぎゅっと彼の体に抱きつきました。

彼も、なんか、入れるとかそういうことじゃなくてこうやってずっと一緒にいたいよな、と見つめてくれて、この人に処女をあげたかったなってめちゃくちゃ後悔しました。

二人、たぶん不格好な感じで繋がりあって、気持ちいいのかどうかわからないけど、ギシギシベッドがきしむのを聞いていると、彼氏が出そう、って呻いて、私の中でびくんと動きました。もちろん避妊はしてくれていました。

ごめん、早いよな、とどうしてこうなったのか、と言う感じで私の上にまたがっている彼がすごくかわいかったです。

大好きな人が童貞でよかった!ってすごく思いました。そして、私たちは二人とも23歳でしたが、その年まで童貞だった彼のことをとても真面目で誠実な人だとも思えました。

ほんとに好きな人に出会うまで童貞でいられるってすごく聡明な考えだと思うんです。

私も、そういうきちんとした考え方を持っていれば、そろそろ捨てないと恥ずかしいなんて世間体を気にせずいい思い出を彼と作れたのに、って後悔しています。